新車の傷と納車前の洗車

寒くなり、洗車が嫌になる季節になりました。

先日は大学駅伝が有り、来月にはクリスマス、今年も後僅かです。

以前、Facebookにも書いたのですがこちらにも書いておこうと思います。

新車購入時、大半の方は無傷でピカピカの車が納車されると思っていると思います。実際、製造ラインから上がったばかりの時は不良が無ければキレイでしょう。

でも、メーカーから個人に車が届くまでにはそれなりの時間、距離、人の手がかかります。その間に雨や虫、砂埃で汚れが付着するのは避け様が有りませんがそれらはそれほど問題ではなく、最も重要なのは納車前の洗車です。

何百万も出して買って頂いた車ですので、ディーラーさんは当然キレイにして納車しようと思い必ず納車前に洗車をします。

手洗いの所、洗車機の所も有ると思いますが大概はこの洗車で傷が付きます!

洗車専属スタッフなど居ませんので、洗車にそれほどの時間は割けず屋外でササッと洗うのが一般的。洗車道具も共用で誰がどう使ったか分からないでしょう。新車も車検に入った中古車もボディーもホイールもおそらく同じスポンジを使用します。

汚れたスポンジで汚れた車を洗いますのでその相乗効果により確実に傷が入ります。どこのお店も悪気は無いのですがシステム上仕方ないと思います。

各個人が、新車用、中古車用、ボディー用、ホイール用の洗車道具を用意しているお店なんて聞いた事有りませんので。

このような現状から新車も無傷では有りません。

その傷が気になるか気にならないかその人の感覚、ボディーカラー、納車日の天気に左右されると思いますが、私は気になるタイプです。

先日も、洗車を断って貰う様お願いしてあったにも関わらず手違いで洗われてしまった車が入庫しました。

ホンダ N-one モデューロX、側面は良かったのですが埃の乗るボンネット、ルーフは傷だらけでした。特にルーフは赤とあって目立ちます。

新車料金内で磨かせて頂きましたが、状態によっては追加料金が発生する場合も有りますので、コーティングをお考えの方、傷が気になるタイプの方は納車前の洗車を断っておく事を強くオススメします。(特に濃色車の場合)

↑洗車傷とくすみが有ります。

↓すっきりしました。

最後に、専門店以外でのコーティングは上画像の状態のまま施工されてしまう事が大半、もしくは傷を隠す様に施工される事が多く数ヶ月後に傷が浮かび上がって来る事が有りますのでご注意下さい。

最新記事一覧へ

#シミ #洗車 #磨き #コーティング #新車

スポンサーリンク

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White YouTube Icon

スポンサーリンク

Copyright(C) FACE All Rights Reserved.